薄毛の苦労ーー植毛と増毛はどこがどう違う


植毛とは本物の毛の移植で、増毛は人工毛の装着である。

元気な太い毛を薄毛の部分に移植する植毛には1本1本を手作業で移す「マイクロポット法」と一度に4000〜8000本を移動させる「フラップ法」とがある。

薄毛の程度によって使い分けているらしいが、いずれも回復を見込んだ手術であることに変わりはない。



また別な方法に頭皮に人工毛を接着剤等を使って植えつける(接着する)方法もあるとか。。。こちらは頭皮に異物を埋め込むわけですから頭皮の拒否反応をなどで悲惨な状態になることもあったと聞きます。トラブルも結構あったらしいですよ。。。。



これに対し増毛は、回復の見込みのない薄毛、または脱毛にほどこされる最後の手段である。

増毛産業最大手のアートネイチャーは、1本の元気な毛に3〜5本の増毛素材を接着する「マープ増毛法」を開発し、一方の雄、アデランスは1本の地毛にサイバーヘア6本を結びつける「ピンポイント活毛」を解発して、本物とかわりないフサフサ感を提供している。


「マープ増毛法」「ピンポイント活毛」においても元の地毛が抜ければもともこもないですね。こちらもチョコチョコ補強しなくてはいけないようで。。。。植毛にしろ増毛にしろ費用が結構かかるようです。

posted by 髪クログロ at | 植毛・増毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄毛の苦労ーー植毛と増毛はどこがどう違う


植毛とは本物の毛の移植で、増毛は人工毛の装着である。

元気な太い毛を薄毛の部分に移植する植毛には1本1本を手作業で移す「マイクロポット法」と一度に4000〜8000本を移動させる「フラップ法」とがある。

薄毛の程度によって使い分けているらしいが、いずれも回復を見込んだ手術であることに変わりはない。



また別な方法に頭皮に人工毛を接着剤等を使って植えつける(接着する)方法もあるとか。。。こちらは頭皮に異物を埋め込むわけですから頭皮の拒否反応をなどで悲惨な状態になることもあったと聞きます。トラブルも結構あったらしいですよ。。。。



これに対し増毛は、回復の見込みのない薄毛、または脱毛にほどこされる最後の手段である。

増毛産業最大手のアートネイチャーは、1本の元気な毛に3〜5本の増毛素材を接着する「マープ増毛法」を開発し、一方の雄、アデランスは1本の地毛にサイバーヘア6本を結びつける「ピンポイント活毛」を解発して、本物とかわりないフサフサ感を提供している。


「マープ増毛法」「ピンポイント活毛」においても元の地毛が抜ければもともこもないですね。こちらもチョコチョコ補強しなくてはいけないようで。。。。植毛にしろ増毛にしろ費用が結構かかるようです。


posted by 髪クログロ at | 植毛・増毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。