男性かつら調髪で毛量調節の失敗か?


男性かつらの調髪で、すっきりしたくて毛量を削ぎすぎたためにちょっと目だったかな〜

約一カ月少々で調髪で出向きますが、これから暑くなうのでちょっとすっきりしようと思って少し短目ににカットを・・・・


と言ってはじみた調髪でしたが終わってみれば、ちょっと毛量を削ぎすぎたかも・・と思われるようでした。


案の定かつらを装着してみるとちょっと不自然さが残ります。
なんだか帽子をかぶっているようで、自毛と男性用かつらの髪の長さが違い過ぎいかにもかつらだとわかりますね。自分でも感じます。



でもでも今さら長くもできないし、と言って男性かつらをカットするとそれこそ取り返しがつきませんから、・・・・数週間ガマンすれば自毛は伸びてきますのでそのうちに目立たなくなるでしょう。(笑)

続きを読む
posted by 髪クログロ at | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄毛・抜け毛を抑えて発毛に効果的な食生活とは?


男性、女性を問わずまた若年層において薄毛、抜け毛で悩んでいる方が多いようです。
薄毛、抜け毛の原因はいろいろとありますが、ストレス、不規則な生活、偏った食事なども大いに関係してくるようです。

そこで薄毛、抜け毛を予防し発毛に効果があるといれる栄養素、食物また反対に発毛に逆効果な食物等を調べてみました。

規則正しい生活とバランスのとれた食生活が薄毛、抜け毛を予防し発毛効果があるでしょう。


■ 発毛に効果的な食べ物・・髪に必要な栄養は以下のとおりです。


★ アミノ酸・( 肉類・魚類・卵・乳製品・大豆等)・・・・髪はケラチンという「たんぱく質」でできており、たんぱく質を作るのがアミノ酸です。


★ ビタミンB類・( レバー・牛乳・ほうれん草・かぼちゃ・海藻類(海苔、ワカメ等)・・新陳代謝を促す作用があります。頭皮の細胞が活発になれば発毛も活発になります。


★ ビタミンE・(うなぎ・いくら・たらこ・ナッツ・アーモンド・煎茶・抹茶等)・・・頭皮の血行を良くします。髪に栄養を与えるためには血行が良くないと行き渡りません。


★ 鉄・(焼きのり・ひじき・こんぶ・レバー・ごま・ナッツ・アーモンド等)・・・・・・・・枝毛・脱毛の予防


★ 亜鉛・( 牡蠣(かき)・豚レバー・牛肉等)・・・・・・亜鉛はミネラルの一種です。たんぱく質だけあっても亜鉛がないと髪ができません。



■ 発毛に悪い食べ物ーーー発毛に悪い食べ物や食べ方は以下のとおりです。

★ 油っこいもの
★ 肉類ばかりで野菜を食べない
★ ファーストフード
★ タバコ
★ 甘いものばかり食べる(ケーキとか)

毎食コンビニ弁当で済ませているのは発毛には良くないということでしょう。
バランスのとれた食事と規則正しい生活が薄毛・抜け毛を防ぎ発毛にもつながります。



posted by 髪クログロ at | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マウスに発毛


幼いころにつまみ食いをして、祖母に ”頭の黒いネズミが現れたらしい”とよく言われたものです。
そんな光景を思い出すような本日の「マウスに発毛」の記事
本来、毛のないマウスに人間の毛が生えたというニュース。幼いころに聞いた祖母の”頭の毛の黒いマウスが”現れるかもしれない。(笑)


そのニュースの内容とは?
・<発毛>幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功

毛を生みだす器官の幹細胞を培養して皮膚に移植し、同じ太さや硬さの毛を何度も生え変わらせることに、東京理科大などのチームがマウスの実験で成功した。18日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。

発毛したマウスの写真
マウスの発毛.jpg


毛は皮膚に無数にある「毛包(もうほう)」という器官で作られ、体表まで伸びる。毛が抜けても毛包があれば、同じ場所から発毛する。


辻孝・東京理科大教授(再生医工学)らのチームは、大人のマウスから毛包の幹細胞を採取して培養し、生まれつき体毛のないマウスの背中に移植した。その結果、7割のマウスに3週間後に毛が生え、元のマウスと同様に3〜5ミリまで伸びた。毛の硬さや縮れなどの特徴も同じだった。自然の毛のように、周期的に生え変わった。


移植する幹細胞の数を増減させることで、発毛の密度や本数を変えた。色素に関わる幹細胞を加えて培養し、白い毛を黒や茶にすることもできた。


組織や器官に再生する幹細胞は、通常は胎児にしかないが、毛包の幹細胞は大人にもある。そのため、自分の細胞を培養して使う、新しい発毛治療の開発が期待できるという。辻教授は「人へ応用するには、広い範囲に生やすための幹細胞の増幅技術の向上などが必要。10年程度を目標にしたい」と話している。【久野華代】ー毎日新聞ニュースより・・


将来、通常は毛のないマウスの頭に人間の黒髪をフサフサに生やしたマウスが走り出したら。。。滑稽というか?恐ろしいと言ううか?・・・
祖母が言った頭の黒いネズミがつまみ食いしたのも本当にネズミだと言ってつまみ食いを言い訳できる時が来るかもしれない(笑)

posted by 髪クログロ at | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄毛・抜け毛で悩む前に髪の手入れは早めに


行楽シーズンを迎えるこれからが外出にはもってこいの季節かも。。。
暑くもなく、寒くもなく・・・・

友人との旅行のプランもいいでしょう。
夢膨らむ計画も、・・・・
でもでも・・もし、薄毛、抜け毛が目立っていたら折角の外出も気が遠のきます。



また夏の手入れを忘れた毛髪に抜け毛が目立ち始める頃かもしれません。
そんなときは思い切って育毛剤などを使ってみるのも良いでしょう。


髪が細くなったり、枝毛が目立ち始めたら髪ヘアケアの時期です。
育毛剤を利用することもいいですね。


今は女性用の育毛剤もたくさんでています。
髪に不安を感じたら早めの対策で豊かな髪を守ることができます。


女性で薄げになったら大変です。
何故か?

続きを読む
posted by 髪クログロ at | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性の薄毛タイプは、脱毛もいろいろ



男性型脱毛の場合には下記のような種類の脱毛がありますが、脱毛に大きく関わってくる要因にストレスがあります。


現在社会においてはストレスのない生活は考えにくいですが、過度のストレスは健康面も含めて髪に与える影響も大きく、いかにストレスを解消するかが重要です。


スポーツ、趣味などを通して上手なすストレス解消法を身につけましょう。


もっとも多いのは「男性型脱毛タイプ」です。その次は「脂漏性脱毛タイプ」「粃糠性脱毛タイプ」などがあります。また、最近多くなってきたのは「円形脱毛症」です。


円形脱毛症は、一か所だけ脱毛してしまう単発性、複数個所脱毛する多発性が知られていますが、髪の毛や体全体が脱毛してしまう汎発性も円形脱毛症の一つです。


原因はストレスや末梢神経の異常などが原因とされてきましたが、最近では頭皮で自分の髪の毛を自分の髪の毛ではないと認識してしまう頭皮における自己免疫疾患が多いです。


細胞を調べるとTリンパ球が毛根を攻撃して髪の毛に攻撃をしかけ、髪の毛を抜かせようとしている状態になっています。またアレルギー疾患とも密接な関係が指摘されています。


ただ、円形脱毛症は一度治ったように見えても、何らかの原因により再発する可能性もあります。円形脱毛症とうまくつきあっていく必要があります。
(アデランスホームページより一部引用 http://www.aderans.co.jp/thinning/mens_type.html)

このサイトでよく読まれているページ ありがとうございます。
亀井静香氏戦略の髪型?
男性かつら専門店を探しています。
かつらと値段
かつら生活を続けるべきか、外すべきか?
男性かつら専門店の閉店連絡、また悩みごとが増えました。
posted by 髪クログロ at | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつらの毛髪は人毛それとも人工毛?


通常は人毛の場合は、一度褪色してお客様の髪に合った色に染め直します。

人毛は当然、人の(他人の)毛髪です。 
昔は国内でも毛髪が調達されたそうですが、今は東南アジアなどの人の人毛が使われているのが現状だそうです。
国籍云々よりも個人的には、他人の髪をつけるというのに抵抗を感じております。



人毛は、消毒・熱処理されてその後のいろいろな加工がされていますが、個人的には好きではありませんので、今までに作った15個以上のかつらの中で人毛は1個しかありません。


人毛はより自然な髪の柔らかさなどいろいろなメリットなどもありますが、褪色するという欠点もあります。
褪色すると再度自分の髪にあわせて染め直さねばなりません。



人工毛、と人毛、双方に長所、短所はあります
そこで人工毛と人毛を混ぜて作るかつらもあるそうですが。。。



今は人工毛の場合も、いろいろと研究・開発されて人工毛の特徴をそなえつつ人毛に近い手触りなど新しい繊維が開発されているようです。


髪の成長・維持に大切なのは、頭皮の清潔を保つこと!
シャンプーは「髪の毛を洗うもの」との認識がありますが、同時に頭皮も洗浄しなくては、髪の健康を保つことはできません。草木と一緒で、先ずは「土台」をしっかりさせること!これにつきます。
「毛来」 (300g)

続きを読む
posted by 髪クログロ at | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。