医療用ウィッグの早めの準備で抗癌剤治療も安心


医療用ウィッグ(かつら)は抗癌剤治療などの副作用で脱毛が起きたときに治療が終わり再び髪が生えてくるまでの数ヵ月使用する場合が多いのです。


抗癌剤治療の副作用で起きる脱毛は使用する薬剤また個人差があり必ず起きるとは限りませんが大半の方は脱毛が起きるようです。
事前に主治医に相談して脱毛が起きるとわかれば早めに医療用ウィッグを準備するなりして抗癌剤治療に専念できる環境を整えておきましょう。



ガンが治るなら脱毛ぐらい・・・といわれるかも知れませんが、・・・本人にとっては大変なショックです。

また反対に、本心ではないでしょうが。。。”髪が抜けるぐらいなら死んだ方がましだ”とさえ言われる女性がいます。

抗がん剤治療 医療用ウィッグ(かつら)

それこそ ”髪は女の命”ですね
「ガン」という言葉を聴くだけでも大きなショックを受ける上に「脱毛」と聞くとなおさらショックも大きいでしょう。
 

 
抗癌剤治療の説明時に担当医より医療用かつらのお話もあるかとも思いますが、出来ればそれまでに自分の髪型にあったものを事前に準備できれば・・・と思います。




また医療用ウィッグ(かつら)でも高額な商品もありますが、抗癌剤治療による脱毛は個人差はありますが、半年から1年ぐらいで元通りになりますから、その間の代用品ですので、あまり高額な商品は必要ないと思いますが。。


★医療用ウィッグ(かつら)・・抗がん剤治療の副作用で起きる脱毛の悩みを少しでも和らげることができれば・・・★



1万円前後からありますそれで十分でしょう。
高額な商品には30万円程度の商品まであります。

抗癌剤治療の副作用の脱毛対策としては医療用ウィッグ(かつら)の他に帽子とかバンダナなどもありますので自分の好みに合わせて準備すればよいでしょう。


脱毛が起きるとわかれば脱毛対策の早めの準備で一つでも不安材料を取り除いて治療に専念できる環境を整えておきましょう。
posted by 髪クログロ at | 医療用(ウィッグ)かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。