抗がん剤治療による副作用での脱毛時は、医療用ウィッグ?帽子?


抗がん剤治療の副作用で脱毛が起きた時、医療用かつらにする人もいれば帽子(キャップ)で過ごされるかたもいますが、抗がん剤治療後の脱毛用帽子は一味加えた帽子でなかなか可愛いものが多いですね。



姪が2度目の妊娠中に「胞状奇胎(ぶどうっ子)」と診断され流産しました。
その後の抗がん剤の治療で髪の毛が抜けてなくなり可愛そうでした。




幸いに姪は元気で退院して親戚一同ほっとしたのですが、本人は抗がん剤治療の副作用で脱毛したことが相当ショックだったようです。


抗がん剤治療
抗がん剤治療の副作用による脱毛

普段は帽子を被って生活していました。が、少し時間がかかりますが髪の毛は生えてくるので安心するようにとのことだったようですが、姪にすれば耐え難いことだったかも知れません。




男性の場合は人によっては、”このままスキンヘッドに変えるか?”などと冗談をいっている明るい人もいますが、。。。それでも内心は結構気にしているんです。




まして女性の場合は ”髪は女の命”とまでいわれるほどですから、想像以上に悩んでいたことでしょう。




そんなある日、街でであったときはきれいな髪だったので、こんなに早く・・と思ったのですが・・・あっそうか ”医療用ウィッグ”だと知りました。
でもいつものように元気で明るく活動している姪を見て安心しました。





後で聞いた話では、最初に(ぶどうっ子)と診断されたことにショックを受けて後々の治療で毛髪が抜けてしまうことまでは考えなくまた、「かつら」のことまでは考えてなかったとのことでした。




髪は数ヵ月後には生えてきます。その間は  医療用ウィッグとか帽子などを利用するなどして出来るだけ治療に専念出来るようにしましょう。


posted by 髪クログロ at | 医療用(ウィッグ)かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。