ウィッグ(かつら)のヘアスタイルとメンテナンスと手入れ


ウィッグ(かつら)も日々の手入れ・メンテナンスに加えて、月に一度程度は専門家によるメンテナンスとかへアセットなども必要かと思います。


しかし、まれに失敗もあります。
聞くところによると大手の整髪業などは、調髪の時には自毛等のセットとウィッグ(かつら)の調整とは別部屋でする事が多いのだそうです。

個人ではスペース等の関係もあり、同じ部屋ですべての作業をやってくれますから、店主と世間話でもしながら進行状態を見極めて、細かい注文も聞いてくれます。

例えば: そこはチョット強めにウェーブをかけて下さい ・・とか。。。



大手のウィッグ(かつら)専門店では、小さな部屋が沢山ありますので、各部屋にウィッグ(かつら)を調整する設備を整えるのは大変な設備投資になるでしょうから、総合的に別部屋でのメンテナンスとなるのでしょう。 つまりウィッグ(かつら)のメンテナンス時は見ることも出来ませんから当然の如くでき上がりまでわかりません。


そこで ”はい。。出来ました”と持ってこられたときに自分のイメージしたヘアスタイルと大きく違うことがあります。ヘアセットならまだしも後からでも修正がききますが、髪を切るとかの場合は一度短く切った髪は元には戻せません。


ウィッグ(かつら)のヘアスタイルで髪を短くする場合などは特に注意して下さい。
担当者に十分な説明をしてカット作業をするようにしないと、切過ぎたと言うことのないように。。。つい最近、、友人がウィッグ(かつら)の髪をすこし短くする様に依頼して昼食に出かけて帰ってくるとちんちくりんの髪にしてしまったと憤慨していました。


自毛ならまた髪が伸びるのを待ては何とかなりますが、短く切りすぎたウィッグ(かつら)の髪はどうにもなりません。
長さの調整にはくれぐれもご注意して下さい。


posted by 髪クログロ at | 髪の手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。