漢方薬を利用した薄毛対策


通院先の先生が漢方に詳しく、何事にかけても”漢方どうや”胃腸はもちろんの事・・漢方 最近 ”こぶらがえり”することがあるのですが。。。というと ”漢方どうや”いいですわ とお断りしたのですが。。。。



あまり漢方、漢方といわれるので漢方について調べていると「薄毛改善に漢方」という情報に行き突きましたので引用しまとめてみると。。。


薄毛の原因の多くは西洋医学によって解明されてきていますが、それでも薄毛の原因が明確な病気でない場合には、薄毛の根治そのもはなかなか難しいのが現状です。


漢方は中国から伝わった薬ですが、効き目はゆっくりで即効性はありませんが、天然の生薬なので身体には良いと言われています。


漢方は血液と深い関係を持っています。身体に現れる様々な症状は血流が滞っているためだと思われていて、髪の毛も血の変化したものだと考えられているのです。
つまり薄毛も血流を改善させれば治すことができると漢方の世界では言われています。


血流を改善させるための漢方としては桂枝茯苓丸や桃核承気湯、当帰芍薬散が利用されます。いずれも食前に飲むことで成分が吸収されやすくなるので効果的だと言われています。


また、薄毛の場合は毛穴の詰まりも原因の一つになっているので、六味地黄丸や半夏瀉心湯も利用されています。


もちろん薄毛の原因も個人個人によって様々なため、同じ漢方を利用しても効果がある人とそうでない人とがいるわけですが、薄毛の原因を改善する漢方を利用することで、より効果的に薄毛の治療が進められるのであれば、ぜひ利用するようにしたいものです。


posted by 髪クログロ at | 薄毛・脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。