育毛・髪に効果的な主な栄養素 と食事


幼いときに ”コンブを食べるとクログロとした髪になると”よく聞かされました。
現在の食糧事情は昔とは比較できないほど多くの食物がありますが、本当に髪にとって必要な食事・食物とは何なんでしょうか?



毛細血管によって運ばれてきた栄養や酵素を、毛根部分にある 「毛乳頭」 が取り入れます。
「毛乳頭」 は、その栄養や酵素を 「毛母細胞」 に受け渡します。
それにより細胞分裂がおこり、細胞分裂によって作られた組織が髪の毛となります。



身体は、生命維持にとって重要なところに優先的に栄養を運びます。
生命維持には直接関係ない髪の毛に栄養が運ばれてくるのは後回しになってしまいます。
充分な栄養を摂取しないと、「毛乳頭」 にまで栄養が届かないのです。



髪の毛を作るのに、充分な栄養が毛乳頭まで届くように、育毛に効果的な食品を採るように日頃から心がけましょう。




■育毛・毛髪に効果的な主な栄養素


○ たんぱく質
  20種類のアミノ酸から構成されるたんぱく質。髪の毛の素になるメチオニンは、必須アミノ酸  の一種なので食べ物から摂取しなければ補給できません


・動物性ーーー 肉、魚、卵、乳商品
・植物性ーーー大豆、納豆、豆腐



○ ビタミンB群
 ビタミンB2と、B6は皮脂の分泌を抑え、皮膚の新陳代謝を促す作用があるので、脂性の方は多め に摂取するといいでしょう。



・ビタミンB2ーーーレバー、卵、大豆、乳商品、緑黄色野菜
・ビタミンB6ーーーかつお、いわし、さば、レバー、肉、バナナ、キャベツ、大豆

・その他ビタミンB群ーーレバー、魚介、肉、卵、緑黄色野菜、豆、玄米など


○ 亜鉛
毛の主成分はケラチン(たんぱく質)ですが、亜鉛が不足していると、ケラチンの合成がうまく いかず、髪が弱くなり、色が抜けやすくなってしまいます。

 うなぎ、魚介、海藻、 体内に3000以上ある酵素のうち、200以上の酵素は亜鉛がなくては働きません。



○ ビタミンA・C・E

ビタミンAは、 細胞分裂を正常化し、頭皮、毛髪の健康を保ちます。
 ビタミンCは、 コラーゲンを生成するのを助けます。血管や、頭皮を丈夫にします。
 ビタミンEは、 毛細血管を広げる作用がるので、毛乳頭まで栄養がスムーズに運ばれるのを助ます。


・ビタミンAーー緑黄色野菜、レバー、うなぎ
・ビタミンCーーかんきつ類、いちご、野菜
・ビタミンEーーナッツ、植物油、魚介、野菜



posted by 髪クログロ at | 毛髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。