脱毛治療薬の飲み薬、その効果は?


髭や胸毛が濃い男はハゲやすい、というのには立派な根拠がある。

日本では30代で1割、60代では5割が見舞われるという男性型脱毛症は、男性ホルモンの過剰な働きが原因になっている。

この度、日本で服用が承認された「フィナステリド」は、脱毛の一因とされるホルモンの働きを抑えることによって、脱毛の進行を抑える医療用飲み薬だ。
脱毛治療の飲み薬が承認されるのは日本で始めてのことです。


「フィナステリド」の服用は病院で処方をうける必要があるので、診察代や検査代がかる。
薬代はメーカーの参考科学で一錠250円


また服用にあたっては半年以上服用しないと効果のほどを見極めることはできない。
またこの薬の本質は根本的な治療ではなく、進行を食い止めることになるらしい、
したがって服用をやめれば元の木阿弥とか・・・・


これらを考えるとけっこう高くつくようですね。
また男性ホルモンの働きをおさえるということは、男性本来の機能自体にも影響するのでしょうか?
脱毛の進行はおわえられたが、元気がなくなってきたと??ということはないのでしょうか?


しかも飲み続けなければ効果がないとなると、あまりメリットがないのでは、それでも脱毛の進行をおさえて、と思う人は一度病院で相談するのも良いかもしれません。

スカルプD.jpg

脱毛治療で病院に行く前に、まずは薬用スカルプDを試してみては・・
薬用スカルプDは、毛髪・頭皮を清浄してフケ・かゆみをおさえて毛髪をすこやかに保ち、頭皮の汗臭を防ぐ効果があります。


posted by 髪クログロ at | 薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。