発毛・育毛の実態は?髪が生えてくるとは?


薄くなった髪を同窓会までに何とかしたいと、育毛剤をせっせと塗りこんでいるあなた、そう簡単に髪は生えてもこないしフサフサな髪にはなりません。



朝夕に鏡を見ながら、薄くなっていく髪を見ながら・・・ああ、、、せめて櫛に通るくらいの髪があればと嘆いていても始まりません。
また育毛剤、発毛剤を使っても簡単には毛髪は育ちません。



また毛髪が育つにしても数ヶ月又はそれ以上の期間が必要なようです。
育毛剤のCM等でいかにも簡単に髪が取りもどせるようなCMが流れていますが、個人差はありますが。そう簡単にふさふさな髪にはならないようですね。



まして一度はげてしまうとはっきりいって絶望的ですね。
はげた状態からふさふさな髪に戻ることは期待しないほうがよいですね。


いろいろな発毛剤、また育毛剤などの使用後の結果等をみてみると、発毛の観点は、通常のニュアンスとはかけ離れているように感じますが、、産毛が生えてきたことも髪が生えるという意味からは立派な発毛なのでしょうが、実際問題として産毛程度じゃどうにもなりません。


発毛といわれるのは櫛に髪が通る感覚を味わえないとチョット発毛とはいいがたいですね。
薄毛程度では早くからヘアケアをすれば薄毛、若ハゲを防げるでしょうが、はげてしまってからは簡単にもとの髪を取り戻せることは少ないと思います。

はっきりいえば絶望的です。ハゲた部分からは新しい髪は生えてこないでしょう。



抗がん剤治療等で脱毛がおき、髪が抜け落ちた場合などは治療が終れば髪は生えてきますが、年齢と共に禿げていった場合などはほぼ発毛は無理でしょうね。



でもそんなときにはかつらがあるじゃないですか・・ふさふさな髪を手に入れたいのなら「かつら」これが一番手っ取り早い方法じゃないですかね〜〜




posted by 髪クログロ at | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。