薄毛・抜け毛、ハゲに神経質になり過ぎないように!


育毛剤は今に始まったことではない。昔から「毛生え薬」などと呼ばれて販売されていたように思います。
実際の効果は知りませんが、「毛生え薬」といわれていたのをかすかに覚えています。



当然ながら当時の私には無縁のものでしたから詳しくは覚えていませんが、当時は髪に関した商品として「大島の椿あぶら」などと言われる商品名が遠い記憶の中にあります。



薄毛・ハゲ、抜け毛は今に始まったことではなく昔にもハゲた人も、薄毛の人もいました。でも今ほどハゲ、薄毛関して神経質ではなかったように思いますが。。。。。。

ーー歳をとれば禿げてくるのは当たり前ーー的な考え方をする人が多かったのではないでしょうか?・・・
いまは、チョット薄毛になると育毛だの、育毛剤だの、発毛だの・・皮膚科の専門医を訪ねて髪の相談など。。。。、



今は若くしてハゲればまるで、人生が終わり(チョット大げさですが。。)かの如くにショックを受けて、男性の場合でも性格まで変わってしまう人がいるようです。
明るく行動的な性格の人が、暗く家にこもり、外出も少なくなって行く人もいると聞きます。



万一若くしてハゲかけても必要以上に悩まず、場合によっては専門医を訪ねて適切な治療をしましょう。早目の治療では元のようにフサフサな状態に戻る確率の方が多いと聞きます。




posted by 髪クログロ at | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。