育毛剤の開発と発毛の効果は?


育毛剤ってどれほどあるんでしょう。昔は「毛生え薬」って呼んでいたのでは。。。。


最近は男女を問わず、抜け毛・薄毛など髪のトラブルで悩んでいる人が多いのでしょう。
育毛剤のCMからかつらのCMなどなど・・・髪に関したTVCMが流れる回数が多いように感じます。



また新商品も続々開発されているようですね。育毛剤もこのほど小林製薬のグループ会社であるアロエ製薬の「(薬用)アロエ製薬 育毛液」はアロエの保湿力で頭皮をやわらかくほぐして、毛根部に栄養を浸透させ、健やかな髪の成長を促す育毛剤でアロエエキスは肌にやさしく、女性にも使いやすい。


育毛剤の紹介が読売新聞広告欄に大きく載ってましたね〜〜〜



・抜け毛が増えた。
・髪の分け目が気になる。
そんな悩みを抱える人たちに、毛髪が育ちやすい頭皮を作るために、再評価されたのがアロエの成分だそうですが。


抜け毛・薄毛もいろいろなタイプがありまた個人差もありますから。沢山出回っている育毛剤なども効果のある人、また全く効果のなかった人、いろいろだとは思いますが、



髪に関したいろいろ報告的な文面を読んでいると。
少し産毛のような毛が生えてきても過大広告ではないかと思われるほど大々的にアピールしていますが、その程度の発毛では使用する側から見れば「発毛」とは言いがたいのではないかと・・・・・



ツルツル頭にぼうぼうと黒髪が・・・・なんてことは無いでしょうが、せめて散髪が必要なくらいの発毛があって欲しいですね。


posted by 髪クログロ at | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。