ストレスによる円形脱毛症は女性・子供でもなります。


円形脱毛症も昔からあったのです病気ですが、最近はやたらと「円形脱毛症」という言葉を聞く様な気がします。

NHKのテレビでさえ
あなたの悩み解決ーー抜け毛に効果があるのは。。。。と言う内容の番組が放映されていました。それによると、男性で20〜40歳で薄毛で悩んでいる人は約800万人とか・・・・
また男性型脱毛症は 20歳代:10%  30歳代:20%  40歳代:30%が男性型脱毛症で悩んでいると言うことらしいです。(7/30 21:00 ニュースウォッチ)



昔から、円形脱毛症というと「ストレスが貯まってるんじゃないの?」といわれるように、ストレスと円形脱毛症の間には大きな因果関係があるのではないか、と研修が進められています。

円形脱毛症の原因はストレスや病気によるところが多いのですが、ある日急に髪の毛が抜けるということが多いのです。


壮年期や男性だけでなくいまや子供や幼児でも円形脱毛症になるケースはありますし、女性の円形脱毛症も十分にあり得ます。


特に、思春期を迎えている子供や、女性にとって自分の髪が抜けてハゲとなった部分があるということは強い精神的なストレスにつながりやすいものです。


こうした時、この円形脱毛症になってしまったことによるストレスが円形脱毛症をさらに進行させてしまうという悪循環に陥るケースが多いようです。


円形脱毛症の症状を出した人がいる家族や両親は本人に対して大きなストレスを与えないように接するのが大切です。


円形脱毛症は治療可能な病気ですので、早めに専門医に相談するなどして進行を食い止めましょう。




posted by 髪クログロ at | 円形脱毛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。