脱毛症の種類ー症状に合った対処法



脱毛症といえば男性型脱毛症、円形脱毛症などを思い浮かべる人が大半だとは思いますが、それ以外にもいろいろな症状の脱毛があります。育毛には各脱毛の症状にあったただしい育毛をしていきましょう。また専門家等の意見を求めるなりして効果的な育毛をしましょう。


・若年性脱毛症
10代半ばから抜け毛が始まります。ストレス・血行不良・毛穴の汚れなどが考えられますが、まずはバランスの摂れた食事を心掛けてください。


・壮年性脱毛症
20代後半から抜け始め、男性に多い脱毛症です。
自分の症状に合ったお手当をきちんと行えば効果が出ます。


・びまん性脱毛症
頭皮全体において髪が均等の密度で脱毛し、毛髪が全体的にまばら状態になる脱毛のことです。広い範囲に全体に薄くなり男性にもありますが特に中年以降の女性に多い脱毛症です。


・アレルギー性脱毛症
アレルギーを持っている人がなりやすく、アレルギーの治療が必要です。


・脂漏性脱毛症
脂性の人は特に要注意、古くなってはがれ落ちた皮膚と皮脂が毛穴を塞ぎ脱毛します。
毛穴の汚れ除去剤、シャンプー剤の選び方とその正しい用い方、食事のバランスが重要です。


・粃糖性脱毛症
乾燥したフケが頭皮をおおい、脱毛します。
シャンプーの回数が少ない方やシャンプー剤が合わないと特になりやすい。


・悪性脱毛症
円形脱毛症の一種で円形脱毛から始まり髪全体から眉毛・まつ毛・体毛などほぼ全身の毛が抜けます。症状によっては長い期間の治療となりますので早期にカウンセリングと適切な手当てが必要です。


・更年期性脱毛症
女性に多く、早い人では35歳前後から始まります。

posted by 髪クログロ at | 脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。