人形の髪、かつらの毛が伸びる


人形の髪が伸びたとかいう話(伝説)をテレビの「超常現象の謎」とかで見る機会がありますが、
こわ〜い話ですね
かつらが伸びるとか、人形(お菊人形)の髪が伸びるとか・・・

この話はこわ〜い話ですが、毛が伸びるかつらがあればいいのにね〜〜(笑)


でもこの手の話ではいずれもが女の子の人形ですね、男児の人形の髪が伸びる話は聞かないですね
やはり「髪と女性・・髪は女の命」の表れですかね〜〜


寝苦しい季節になるとこの手の話がもてはやされる・・
そろそろこわ〜い話で(涼しいというよりゾ〜ットする)話が出そうな季節になってきました。



話はこうです
参考資料はお菊人形:http://www.nazotoki.com/okiku.htmlより引用

======
大正7年8月15日、北海道在住の鈴木永吉さん(当時18歳)は札幌で開催されていた大正博覧会を見物に出かけると、その帰りに当時3歳だった妹の菊子ちゃんに、お土産として着物を着たオカッパ頭の日本人形を買い与えた。

菊子ちゃんは大喜びし、毎日のようにその人形と遊んでは、寝る時も一緒の布団に入れるほどの可愛がりようだったという。

ところが翌年の1月24日に風邪がもとで菊子ちゃんは幼くして亡くなってしまう。悲観にくれた永吉さんは遺骨と人形を仏壇に祭り、生前の菊子ちゃんを思い出しながら朝夕拝んでいった。

するとそのうち、奇妙なことに人形の髪の毛が少しずつ伸び始め、オカッパだった髪が肩にかかるほどになったのである。家族は皆「菊子の霊が乗り移った」と信じるようになった。

その後、昭和13年に永吉さんは樺太へ移住することになり、菊子ちゃんの遺骨と人形を北海道の栗沢町万字にある、萬念寺に預けていった。そして終戦後、故郷に戻った永吉さんは、すぐに寺を訪れると、人形の髪がさらに伸びていたことを発見。

これはやはり、幼くして亡くなった少女の怨念が起こした心霊現象だったのである。
======

続きはお菊人形で。。。。

posted by 髪クログロ at | 毛髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。