茶髪と黒髪、かつらには人毛と人工毛があります。



最近は男性でも茶髪に染めている人も多く見受けますが、どうですかね。私は黒髪の方が好きですし日本人は黒髪の方が似合うようにおもいますが、髪の毛を何色に染めようが自由ですが・??・


若者ならまだしも高齢者の男性の茶髪は何となく敬遠したくなります。もしかして別の人種かと??(笑)感じたりして・・・・ちょっと近寄りがたいです。



人毛のかつらの場合はカラーリングが可能です。
お洒落や気分転換される場合、褪色や増毛により本来の毛の色やウェーブと変わった場合などにカラーリングやパーマが出来ます。


通常は人毛の場合は、一度褪色してお客様の髪に合った色に染め直すことが出来ます。
また使っているうちに褪色してきますので、再度染め直す場合などもあります。

人毛は人間の髪です。
昔は日本の女性でも髪の売買が行われていたようですが、最近は中近東で調達されるようです。

またかつら自体も高級品以外は大半が中国等で作られ輸入されているようです。



人毛は消毒され一度色抜きをして再度染め直されていますので、衛生的にも清潔な状態ですが、”やはりどこの誰とも分らない人の髪やから・・・”という理由で敬遠されるお客さんもいるようです


また人工毛に比べて高価です。
人工毛は化学繊維をいろいろな加工することによって人毛にちかい人工毛が開発されています。


例えば記憶繊維などは洗髪して乾かせば元の状態に戻りますので、ブラッシング一つでヘアスタイルを整えることができます。
また人毛、人工毛の特徴を生かすために人毛、人工毛を混ぜて作る場合もあるようです。

 かつらの髪質には人毛と人工毛(などから作るものがあります
 ハゲりゃ最後はかつらって方法もありますから・・?
 医療用かつらは医療費控除対象になるか?
 総かつらのかぶり方と部分かつらの装着の仕方
 男性かつら専門店の閉店連絡、また悩みごとが増えました。

posted by 髪クログロ at | (ウィッグ)かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。