医療用ウィッグ(かつら)の本来の目的とは?


仕様や機能はメーカー毎にバラバラで、同じカツラでも医療目的で使われるお客様に対しては「医療用ウィッグ(かつら)」と呼んおり、お洒落目的のウィッグ(かつら)と区別している場合があるようです。


円形脱毛症や抗がん剤による治療もしくはやけど・事故などで抜けた髪を被う目的で使用されるのが「医療用ウィッグ(かつら)です。

女性の場合、男性の場合、どちらも「医療用ウィッグ(かつら)はありますが、比率的には女性用「医療用ウィッグ(かつら)が多いようです。

ウィッグ 医療用ウィッグ(かつら)

女性が髪を失う精神的なショックは男性の悩む比じゃないと聞きます。
髪に対する執着心は女性のほうがはるかに強いようです。”髪は女の命”の言葉どうりかもしれませんね



大事なことは抗がん剤治療による副作用の精神的負担を少しでも和らげて治療に専念できる環境を作ることです。
そのための一つの道具(?)が医療用ウィッグ(かつら)なのだと思います。


抗がん剤治療というだけで通常の精神状態ではないと思います。
その上、脱毛ですから受けるショックも相当なものだと察します。

上手に「医療用ウィッグ(かつら)を利用するのも闘病生活には必要なのかもしれません。

また、ウィッグ(かつら)以外に帽子とかバンダナなどを代用してウィッグ(かつら)の変わりにも用いる場合も多々あります。

posted by 髪クログロ at | 医療用(ウィッグ)かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。